牝教師 淫辱の教室 #1 私、汚されてしまいました… レビュー

PCゲームが原作のアニメ化作品です。

 

牝教師~淫辱の教室~ [DVD]
GPミュージアムソフト (2009-06-25)

あらすじ

同じ学園で働く教員、「藤堂 美雪」(とうどう みゆき)と「真田 栄司」は近々結婚を目前にした恋人同士な関係です。
結婚までは純潔を守ると思っている美雪ですが、主人公に純潔を奪われてしまう事に…。
更にそれだけでは飽き足らず、主人公の矛先は美雪の同僚である「葛西 麻琴」(かさい まこと)にまで向けられる事になるという展開です。

 

登場するヒロイン

登場するヒロインは、美雪、麻琴の他に、同じく教師の「支倉 律子」(はせくら りつこ)、保健教諭の「槙山 理保子」(まきやま りほこ)がいます。

 

牝教師
藤堂 美雪
主人公の担任教師です。
現在、教員の「真田」と交際しており、婚約しています。
大人しく優しく家庭的な性格です。
交際中ですが、Hは結婚してからという古風な考え方を持っています。
牝教師
葛西 麻琴
学園の体育教師であり、美雪とは親友の間柄です。
美雪とはタイプが異なる性格ですが、それが逆に気が合う様です。
牝教師
支倉 律子
学園の教師です。
端正な美貌とプロポーションで憧れる生徒は数知れず。
クールな見た目の印象に対して、意外に実際はさっぱりとした性格でもあります
牝教師
槙山 理保子
学園の保健教諭です。
穏やかで親しみやすい性格をしていますが、どこか底が知れない危険な香りがする面も

 

ストーリー展開

展開的には、主人公が学園の女教師たちを凌辱するというのが基本的な流れです。
まぁ、そういってしまうと身も蓋もないのですが(汗)

 

ちなみにこの作品、原作のPCゲーム版では主人公の生い立ちなどからちゃんと設定してあり、この凌辱の理由もあるのですが、全くと言っていい程の説明がないんですね。
そのせいで、アニメ版である今作は何とも説明不足で、ただひたすら教師たちを凌辱していくだけの展開に終始しています。
これでは主人公やヒロインたちに感情移入もしずらく、微妙な評価になるのも致し方ない事に…。
そんなのを気にしないくらいのエロがあれば、また話は別なのですが、それも難しいかな(汗)

 

序盤にいきなり主人公がバニーガールの衣装になっている教師の律子とのHシーンが展開されます。
何故、学校内の敷地でバニーの格好をしているのかは、全く説明がないまま終わるので分かりません(汗)
いきなりインパクトのある掴みを、という意味で入れたのであれば、私的には「何故バニー?」って感じで引いたので逆効果でしたね(汗)
ちなみにここで律子の出番は終了です…、何がしたかったんだ。
なので、律子の存在感は皆無に近いですね(汗)

 

その後は、婚約者のいる美雪を凌辱し、態度のおかしくなった美雪に気付いた麻琴を凌辱する事になります
美雪の前には、理保子とのHシーンも合間に入っていますが、扱いとしてはメイン所は美雪、麻琴の2人が主だと言えますね。
理保子は、フェラシーンだけでしたし。

 

Hシーン

Hシーン的には、美雪の破瓜に至る凌辱シーンが見所かな?
でも、正直それ程印象は残らなかった感も…。
要素としては、婚約者のいるヒロインを「寝取る」的なシチュエーションではあるんですけどねぇ。

 

でも、美雪と真田は婚約はしていますが、美雪はずっと真田との行為を避けているんですね。
結婚までは清い身体でいたいと言うのが、お嬢様な彼女らしいのですけどね。

 

真田は、今作時に出張で彼女から離れるので、主人公はやりたい放題できる訳ですが、真田を美雪が愛している感があまり描かれていないのが、凌辱されても結果として寝取られた感が今一つ伝わってこない事に繋がっていますね。
見方によっては、美雪は嫌々結婚するのか?と思ってしまうなぁ…。

 

でも、美雪の凌辱時の反応はかなり悲鳴が雰囲気を出してたので、結構リアルな感じがありましたが、声の悲痛さに比べると、ややあまり抵抗らしい抵抗がないまま凌辱でしたけども(汗)

 

その後は、麻琴にも主人公は凌辱をする事になります。
体育教師である彼女に、小さい体操着を着用させての行為は中々良かったですね♪

 

でも、もっと強気に出るかと思ってた麻琴が結構しおらしい態度だったのが残念だったかな。
会話からすると、どうも既に主人公に弱みを握られているぽいですね、麻琴は。
そのせいか、従順な態度を見せますね。

 

見せ場的には、いきなり前触れもなく大量に母乳が乳首から迸るシーンですね。
これは、説明が全く本編ではなかったのですが、原作では主人公の精液を注がれると母乳が出るようになるという設定があるんですね。
そんな説明がないまま、急にかなりの勢いでプシャーと母乳を噴くのでビビりましたが(汗)

 

律子とのHシーンは、バニーガールゆえか、お約束のニンジンを使ったプレイも(汗)
膣内とアナルの2本挿しは、中々のインパクトでしたね。
もっとも奥まで一気に突っ込まれた時の律子の目を見開いた表情が一番インパクトありましたけどね(汗)

 

絵柄

私、この作品を見る前にレビューした「教育指導」を先に見てたんですね。
それで、今作もあると知って見てみた訳ですが、見る順番が悪かったんですが、ちょっと絵に古さを感じるかな。

 

そんなに過去の作品なのかと思って確認しましたが、2009年とそれほど昔でもないんですね…。
何か一昔前のアニメみたいな雰囲気を感じますが、しばらく見れば慣れると思いますし、別にそれが低評価だとは思いませんけどね。
こういう雰囲気って、最近のデジタル色の強いアニメではご無沙汰な感覚なので、生々しさみたいなものはこっちが強く表れている気がするんですよね、私は。

 

でも、キャラの表情が安定しないのは、古さとは別問題ですな(汗)

 

後、気になったのは、精液などの液体の描写ですね。
滝の様にかなりだらーっと垂れるんですが、ちょっとやり過ぎな気がする量ですね(汗)

 

総評

全体的には、キャラクターの個性があまり活きていなかった気がします。
そこには、説明不足な感がありますね。

 

原作版では、主人公と真田は実は義理の兄なんですね。
両者の関係は最悪で、主人公は美雪と真田の関係を知って、彼女を寝取る事に決めたという事情がある訳なんですが、見事にアニメ版ではそれがなくなってます(汗)

 

このせいで、何とも味気ないヤルだけの作品になってしまっていますね。
精液の秘密なども説明がないから、妙に違和感があるし、色々惜しい作品だなと思うのが正直な感想ですね(汗)
そこら辺がもっとうまく描かれていれば、また評価も違うのでしょうが…。

 

牝教師 淫辱の教室 #1 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
牝教師 淫辱の教室 #1 私、汚されてしまいました…

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
牝教師 淫辱の教室 #1 〜私、汚されてしまいました…〜

牝教師 淫辱の教室 関連商品

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
牝教師?淫辱の教室?インモラルエディション

牝教師 淫辱の教室 スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:BISHOP/プロデューサー:村上幸太郎/村上恒一脚本:佐和山進一郎/音響監督:飯田里樹/演出・絵コンテ・キャラクターデザイン・作画監督・監督:荒木英樹/製作・発売・販売:株式会社ミルキーズピクチャーズ

 

【キャスト】
藤堂美雪:木梨樹里/支倉律子:三村さやか/槙山理保子:西島かおり/葛西麻琴:春名みゆき/真田栄司:真田勇/三沢拓也:森山陽介

ページランキング