義母の吐息 第1話 〜背徳心に漂う母の色香〜 レビュー

PCゲームが原作のアニメ化作品です。

 

義母の吐息1 [DVD]
義母の吐息1 [DVD]
posted with amazlet at 14.11.07
GPミュージアムソフト (2006-05-25)

 

あらすじ

主人公は幼い頃に本当の母親を亡くした過去がありますが、その後再婚した義母の「小夜」(さよ)を本当の母親の様に慕っています。
しかし、いつしかその気持ちは恋心へと変化していく事に…。

 

そんな中、小夜の下着を発見してしまった主人公は、思わず自慰をしてしまい、その場面を当の小夜に見られてしまう事に(汗)
その場を逃げ出した主人公は、以前バイトをしていた喫茶店のオーナーである「野口 奈緒」(のぐち なお)の元を訪ねる事に…と言う展開です。

 

登場ヒロイン

登場するヒロインは、義母の小夜に喫茶店のオーナーの奈緒、主人公の友人の母親である「工藤 玉江」(くどう たまえ)の3人がいます。

 

義母の吐息
小夜
主人公の父親と再婚をした主人公にとって義理の母です。
健気で真面目な性格であり、良き妻、良き母であろうと努力しています。
現在、夫との間に子供が出来ない事もあり、主人公を大事に思っています。
義母の吐息
野口 奈緒
主人公が以前アルバイトをしていた喫茶店のオーナーです。
明るく姉御肌であり、主人公には良く声をかけて、からかう事もしばしば。
義母の吐息
工藤 玉江
主人公の友人の母親です。
かなりキツイ性格をしており、他人に厳しい言葉を浴びせる事もしばしば。
しかし、息子には真逆に甘く優しい仕草を見せる程の溺愛ぶりです。

 

ストーリー展開

展開的には、主人公が義母である小夜の下着を見つけた事で、思わず自慰をしてしまった事を本人に見られてしまい、ふたりの関係が大きく動き出す事になる流れです。
まぁ、こんな事で関係が変化するのも格好つかない話ですが、当事者にはかなりショッキングな事態ですしね(汗)
居たたまれなくて、思わず逃げ出す主人公の気持ちも分からなくはないですね。

 

元々主人公は、義母である彼女にいつしか恋心を抱く事になっている訳ですが、更にそれを加速させる要因があるんですね。
それは、主人公の父親(夫)の小夜への態度。

 

再婚してからどれ程時間が経過したのかは分かりませんが、露骨に愛情が無くなっているのが丸見えなんですね。
とは言え、夫婦の営みは行われているものの、子供の欲しい小夜と夫との間にはズレも…。

 

この手の作品では、夫婦関係の希薄さが主人公と(息子など)許されざる関係になるための大きなきっかけになる事が多いですけども、今作でもそれはありますね。
子供が欲しい小夜といらない夫という形などで。

 

主人公は自分だけが小夜を理解して、愛していると思っている節がありますねぇ。
まぁ、下着で自慰している様では説得力がないですが(汗)

 

 

Hシーン

Hシーンでは、小夜と奈緒との行為が描かれています。

 

行為的には、フェラ程度と比較的大人しめな印象でしょうか。
まぁ、行為と言うよりも義理の母との行為という倒錯した雰囲気を味わうって事なんでしょうね。
…でも、言う程には禁断の関係って感じでもなかったんですけどね(汗)

 

小夜との行為は、序盤では夫である主人公の父親とのシーンも含まれています。
まぁ、行われている行為や夫の態度で彼女への想いがそうないのが感じられますねぇ。
半ば強引にフェラをさせている辺りは、ちょっといやらしかったですけどね。

 

個人的には、中出しを望む小夜の願いを無視して、外に出されて顔や胸を夫の精液まみれになる姿が妙な興奮を覚えましたね。
まぁ、中に出されなかった事に悲しい表情をしているのは、切ないものがありますが(汗)

 

奈緒との行為は、彼女相手に主人公は童貞を卒業する事になります。
まぁ、原作版での彼女は未亡人って事なんですけども、アニメ版ではそこは何も強調されていないので、色っぽいお姉さんとかに見えますね。
結構見た目好みだったのですが、単なるH要員だったのは残念(汗)

 

気になったのは、Hシーンの描写が割りとあっさりした感じだった事ですね。
特にフィニッシュ時の描写ですね、射精時の。
よくアニメである様な画面が白くなったり、精液を注がれる膣内の描写などはなく、淡々と出して終了(汗)

 

まぁ、この作品の設定で膣内描写はあったら相当違和感あるでしょうけども(汗)
せめて、発射時に少し間を溜めるなどの描写(演出)があっても良かったかなとは思いましたね。

 

DVDのパッケージにある様な、奈緒と小夜の絡みは全くありませんのでご注意を(汗)
こういう女性ヒロイン同士が絡む様な展開もあっても良かったですなぁ。

 

絵柄

絵柄は当然、原作版と全く同じではないんですが、似せようとしているのは感じますね。
それ程、個人的には悪くはないとは思うのですが、やはり原作版をしている人は違和感が強いのかな?(汗)

 

原作版の画像との比較すると、幾分アニメ版がシャープな感じですかね?

 

寝室での行為シーンでは、画面が紫がかった感じになって、雰囲気が出ていていいですねぇ。
まぁ、奈緒との様な明るい中での行為もこれはこれで…(汗)

 

表情もそれ程、崩れている様なシーンはないと思うので、丁寧な作りだとは思います。
実際、私はこの肉感のある絵柄で選びましたし、今作を(汗)

 

総評

全体的には何だろ…、義母ものとしての王道な感じで悪くはないんですけど、それ程インパクトがないのも確かですかね(汗)
まぁ、あまり義母って感じがしないのもあるんでしょうね、小夜が若々しい感じで。

 

Hシーンもそれ程、人妻であったり、未亡人、義母という要素が活かし切れてはなかったかなとは思いますね。
もっとねちっこくても良かったですし、それを期待してただけに…、勿体ないと言うか。
でも、つまらないとまで言い切る程、私は悪い出来でもないだけに難しい所なんですよねぇ、評価が(汗)

 

奈緒の登場は必要だったのかな(汗)
でも、彼女との行為を経験した事が影響したのか、その後の主人公の態度がかなり大胆に変化したので意味はあったかな。
…変な方向に吹っ切れた感もありましたけども(汗)

 

玉江は、一部登場しているだけです(汗)
彼女の出番は第2話って事で…。

 

義母の吐息 第1話 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
義母の吐息 第1話 〜背徳心に漂う母の色香〜

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜 【第1話】

義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜 関連商品

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜

義母の吐息 〜背徳心に漂う母の色香〜 スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:TinkerBell/プロデューサー:村上幸太郎、国立康秀/監督:町田住人/構成・脚本:須永成人/絵コンテ:町田住人/演出:ALEX WON/作画監督:Dr.K/原画:SUN KIM/動仕:PRODUCTION.ZEUS/撮影:ソウルフィルム/編集:ふくやまひろき/音響監督:足鳶えのん/音響制作:ぱんだ本舗/アニメーション制作:ドリームエンターテイメント/アニメーション制作協力:すももフィルム/製作・発売:Milky/販売:株式会社GPミュージアムソフト

 

【キャスト】
志賀小夜:海原エレナ/野口奈緒:奥田香織/志賀海人:海老泰平太/志賀 力:ZEN

ページランキング

義母の吐息 第1話 〜背徳心に漂う母の色香〜 レビュー関連ページ

義母の吐息 第2話 〜背徳心に漂う母の色香〜 レビュー
成人向けのアダルトアニメレーベルのMilky作品の義母の吐息シリーズのレビューについて