燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第3話 レビュー

PCゲームが原作のアニメ化作品です。

 

燐月 ザ・ベスト [DVD]
燐月 ザ・ベスト [DVD]
posted with amazlet at 14.11.07
GPミュージアムソフト (2008-09-25)

 

こちらは、燐月の1話から3話を収録したベスト版です。
現在、Amazonでは中古のみ取り扱っています。

 

あらすじ

もののけによる呪いより、女児しか生まれない燐堂家は、緋月家の力と交わることで今日まで繁栄を続けてきた。当主・燐堂直人をめぐる緋月四姉妹の揺れる心情。交通事故で逝った鈴音と身体を共有する鮎美の謎が今明らかに!!一体、直人は誰を選ぶのか?四人の誰かに待望の‘生命’が宿るその時、鈴音の事故で心に傷を負う正和の身に何かが起こる…。燐月3部作の完結編!

 

登場ヒロイン

登場するヒロインは、緋月家の娘4人です。

 

緋月 結衣子」(ひづき ゆいこ)
鮎美たちの姉であり、長女です。
遠縁の正和と結婚しており、人妻です。
燐堂家の呪いの件で、主人公との間に子を産むために身体を提供しています。

 

緋月 詩乃」(ひづき しの)
緋月家の次女であり、主人公たちが通う学校の教師でもあります。
燐堂家の呪いは、全く信じておらず突然現れた主人公に敵意を持っています。

 

緋月 鮎美」(ひづき あゆみ)
緋月家の三女であり、主人公とは同い年です。
家では家事を担当しており、その腕前などは中々のものです。
穏やかで控えめな性格をしています。

 

緋月 美津菜」(ひづき みつな)
緋月家の四女であり、主人公と鮎美とは2つ下です。
とにかく口数が少なく、殆ど感情が表情に出にくい所があります。

 

ストーリー展開

展開的には、主人公が燐堂家の呪いのために、緋月家の四姉妹の誰かを孕ませる事になる流れの続きですね。

 

ですが、序盤は第2話のそのまま続きではありません。
ちょっと時間が経過した後のシーンから始まっており、その後に第2話の続きになる構成ですね。
なので、一瞬訳分からなくなってしまいました(汗)

 

その後、主人公は鮎美を選ぶ(好きになる)んですが、う〜ん、強引な感が否めないですかねぇ…。
全話通しても、確かに他のヒロインたちとは扱いが違いますが、それでもちょっと好きになっていく過程が弱いかなと。
特に前話までは、鮎美とのHシーンは強引な展開が多かったし、好意があまり感じにくい所はありますね。

 

Hシーン

Hシーンでは、結衣子、鮎美、美津菜、詩乃の行為が描かれています。

 

行為的には、フェラや自慰などがあります。
他の要素では、バイブやローターといった小道具を使う展開も。

 

結衣子は、行為の相手が夫なので、主人公との絡みはないです。
まぁ、それが本来の夫婦の形ではあるんですけどもね(汗)

 

鮎美は、前話までと比べるとかなり積極性が出ていますね。
まぁ、これは今までの行為は彼女が基本望んだ訳ではなく、半ば強制的な所がありましたからね。

 

今作で自分の意思をはっきり自覚した事もあって、主人公に対して積極的に振舞う姿が印象的です。
主人公を射精させて、こぼしてしまった精液を勿体ないと舐める様は、これまでの彼女では想像も出来ない姿ですからねぇ。

 

体操着+ブルマ姿なのもポイントが高いですね、しかも濡れて透けているし♪

 

美津菜は、第2話でもHの味をおぼえた事で、自慰にハマっていましたが、今作では更にそれに拍車がかかっていますね(汗)
何も知らなかっただけに、吸収力が半端ないですねぇ、元々辞書などを愛読しているだけあり、知識欲も旺盛なのでしょう。

 

詩乃は、美津菜のペースに流されているのが、ちょっと可愛かったり。

 

残念ながら、美津菜、詩乃も結衣子同様に主人公との絡みはなかったですね。
あくまでも、鮎美がメインヒロインという位置付けになっています。
まぁ、それは第1話から十分分かる事とは思いますが(汗)

 

絵柄

絵柄は…、またちょっと変わった?(汗)

 

何だろうか、また表情がシーンによって変わって見えますね。
気持ち、表情がたまに濃くなっていく様に感じます(汗)

 

主人公も特に終盤の方では、表情が若くなった気も…、パッチリとした瞳の印象のせいかなぁ。
第1話の時のが、老けている様に感じます(汗)

 

まぁ、私は今回さほど日を置かずに3作品を見てた訳ですけども、実際は各話の間に結構発売まで時間かかっているのを考えると仕方ないのかなとも思いますね。

 

総評

3話に及ぶ物語も遂に完結となりましたが、中々良くストーリーをまとめたかなって感じですね。
それゆえに物語を収めるのを優先して、Hは控え目だったかなとは思いましたが(汗)

 

まぁ、鮎美との行為は他のヒロインとの行為を省いた事もあり、それなりの量がありましたけども。

 

個人的に気になったのは、ラストですかねぇ。
一応、前向きな終わり方なんですが、そのままスタッフロールに行くものの、BGMが1,2話と同じなので、何ともしんみり感じます(汗)
ラストなんだし、もう少し明るい前向きな感じのBGMとかにすればいいんじゃないかなと。

 

1話、2話には各話の終わり方が切ない感じが残るので、あの曲調が合っているんですけどね。

 

ちなみに後に、「真・燐月」として、途中の物語に変化が出ている作品が出ています。
こちらの作品とは、また展開が異なり、テイストが違いますが(汗)

 

燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第3話 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第3話

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
燐月−リンゲツ− THE ANIMATION 【第三話】

燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 関連商品

原作PC版

DVD-PG版

 

燐月-リンゲツ- THE ANIMATION スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:Selen./プロデューサー:村上 幸太郎、晴倉 仁/脚本:ももいおさむ/キャラクターデザイン・総作画監督:がおくん/監督・絵コンテ・演出:ひぐち よしたか/作画監督:服部 憲知/美術監督・背景:イタルスタジオ、佐藤ヒロム/撮影:蓑輪 直人/編集:田熊 純/デジタル編集:アクタス編集室/音響監督:中川 達人/録音スタジオ:STUDIO T&T/音響制作:AG-promotion/アニメーション制作:フレバーズ・ソフト/製作・発売:Milky/販売:株式会社GPミュージアムソフト

 

【キャスト】
緋月鮎美:北都 南/緋月美津菜:くろさわ まゆ/緋月詩乃:みすみ/緋月結衣子:北條明日香/燐堂直人:浅野要二/緋月正和:広野大地/燐堂万蔵:吉川作創/鈴音:北條明日香

ページランキング

燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第3話 レビュー関連ページ

燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第1話 レビュー
成人向けのアダルトアニメレーベルのMilky作品の「燐月-リンゲツ- THE ANIMATION」シリーズの第1話のレビューについて紹介しています。
燐月-リンゲツ- THE ANIMATION 第2話 レビュー
成人向けのアダルトアニメレーベルのMilky作品の「燐月-リンゲツ- THE ANIMATION」シリーズの第2話のレビューについて紹介しています。