いっしょにエッチ レビュー

いっしょにエッチ [DVD]
ピンクパイナップル (2010-02-26)

 

あらすじ

Lesson.1校医の桃香に呼ばれた主人公は、保健室で強引に筆下ろしされてしまう。パイズリ、そしてフェラから顔射。さらにはバックからのエッチまで…。
Lesson.2桃香の妹・まろんのオナニーを目撃してしまう主人公。気付いたまろんに服を脱がされ手コキや足コキ、ついには成り行きでまろんのバージンをもらってしまうのだが…。
Lesson.3お風呂場で桃香&まろんとの3Pエッチ。2人のレズプレイに興奮した主人公に姉妹のWフェラ。さらに桃香の騎乗位、まろんの顔面騎乗まで…。

 

登場するヒロイン

登場するヒロインは、校医の「桃香」と桃香の妹の「まろん」のふたりです。

 

桃香

 

まろん

 

注意なのは、似た名前の「一緒にHしよっ」シリーズとは全く関係ない作品だという事です。
私も最初間違えかけました(汗)
こちらのメーカーは「ピンクパイナップル」で「一緒に〜」は、「ちちのや」となります。

 

そのタイトルでも分かる様に、どちらの作品も基本コンセプトは同じく「主人公視点によるHシーン」と共通している要素は多いです。

 

ストーリー展開

今作では、3つのシナリオで構成されており、それぞれ登場するヒロインが違っています。
Lesson.1では、桃香。
Lesson.2では、まろん。
Lesson.3では、桃香&まろんという構成となっています。

 

Lesson.1 「いいわ、特別に…先生がしてあげる」

保健室にやってきた主人公が桃香に気になることがあるので服を脱ぐようにと言われる場面から始まります。
ここでつい彼女の身体に反応し、勃起してしまう事で桃香とのHシーンが展開される流れです。
まぁ、かなり展開早い気もしますが、このくらいのペースでないと3つは収まらないでしょうからねぇ(汗)

 

パイズリシーンでは彼女の豊満な胸を堪能できますが、ちょっと身体に対して大きすぎるかなという感じはありますね。
何だろ、どちらかと言うと柔らかさよりも弾力感を感じる胸ですね。

 

その後、桃香にもお返しで手マンでイカせた後に、挿入となる訳ですが…。

 

挿入する直前ではバックの体勢でいたんですが、次の瞬間では騎乗位に(汗)
なら最初から、騎乗位で初めてよかったのでは?

 

せめて、何度かバックのままでしてから切り替わるなら気にならなかったのですけどね。
かと思いきや、またすぐにバックからになってましたが(汗)

 

この体位だと完全な主人公の視点ではないんですよね、ちょっと引いた状態になるので。
でも、主人公目線だとこの豊かな胸がブルンブルン揺れる様が良く見えないだけに仕方ないですね(汗)

 

H終了後に、桃香から主人公を呼び出した経緯を聞く事になるんですが、何でその理由で服を脱がせるに至ったのかは謎です(汗)
ここで、妹のまろんの存在を知る事となり、Lesson.2へと移行する事になります。

 

Lesson.2 「あ、あたしと…して…くれない?」

またも保健室が舞台となります。
いきなりオナニー中のまろんの姿からスタートと相変わらずぶっ飛んでます(汗)
ここでも、まるで実況中継しているかのようなオナニーでご自分の状況を語ってくれております。

 

そんな彼女を見ていたらしい主人公は、恥らう彼女に興奮したと言う事を伝えた様で、なら「そっちも脱いでみせてよ」な流れになって行きます。
しかし、なぜに主人公は床に寝転がって足広げて股間を見せ付けているのだろう(汗)
明らかにこれは最初から足コキをねだっているとしか思えませんね(汗)

 

実際、彼女にそれを希望して足でしてもらう事になりますし。
そのまま足コキで射精してしまうのですが、個人的に惜しいのはまろんの着けているニーソックス?の色が白なためにせっかく飛び散った精液があまり映えなかった事ですね。
やはりそう考えると黒がベストかなと。

 

その後は初めてな、まろんとの本番となりますが、彼女の身体付きは普通のアニメと比べるとリアルタッチな印象ですね。
もっと肉感的な体付きなキャラクターが多い中で、こういうタイプはちょっと新鮮でもありますが、人によってはこの生々しさが違和感などに感じる人もいるかもしれませんね。

 

でも、この位の年齢の華奢な感じが表現されているとも思うので、これは好みでしょうねぇ。
顔も萌系かと言ったらちょっとそれとは遠い感じなので、尚更そう感じるのかもなぁ…。

 

H終了後に、桃香登場で終了し、Lesson.3へ。

 

Lesson.3 「私達のエッチなところ…いーっぱい見せてあげる♪」

彼女たちの家に招かれての話となります。
今度は風呂場からスタートし、ふたりのレズシーンを見ることに。

 

個人的に良かったのは、レズシーンに興奮しきった主人公への桃香のフェラシーンですね。
口元がはしたなく、肉棒を咥えているのがうまく表現できていると思います。
でも、すぐまろんとのW舐めになってしまうので、一瞬だったのが残念(汗)

 

ちょっと気になったのは、ふたりがかりでのW舐めの場面かな。
口元のアップだけで描かれており、いやらしさがあっていいのですが、ふたりの舌が動くタイミングが全く一緒なんですね(汗)
ちょっと揃いすぎてて、目に付くんですよね。

 

舐めながら台詞を言ったりもするので、その間は片方だけ動くとか、少しタイミングをずらすとかして欲しかったかなと。
少し引いた状態では、それぞれ別の動きになっているので、尚更そう思ってしまいます。

 

その後は、桃香、まろんの順に挿入になりますが、まろんが挿入して一瞬で再度桃香の番に(汗)
終始お風呂場での行為となるので、まろんは髪を下ろした状態も見てみたかったなぁ。
結構、雰囲気変わって魅力的だったのではないかと思うだけに勿体無いかな。

 

Hシーン

Hシーンでは、コンセプト的に主人公は一切喋らないためか、ヒロインが良く喋るんですが淫語三昧でちとクドイかな(汗)
もう少し喘ぎ声程度で抑えているシーンもあったりすると良かったかなと。

 

似たコンセプトの「一緒にHしよっ」シリーズに比べると話すぎな感は否めませんね。
この手の作品は、そういった塩梅、バランス感覚が大事なんだなと再認識させる内容でしたね。
逆に淫語連呼系が好みならば、アリだと思います。

 

絵柄

少し独特なキャラデザインでしょうか。
萌え系とはちょっと違うタッチなために、そういう絵柄に慣れている人には地味に映る事も。
ここらには好みが分かれそうですね。

 

…この様にバラつきがあるのも、ちょっとマイナス要素ですかね?(汗)

 

総評

桃香、まろんというふたりのヒロインとの話だった訳ですが、個人的にはまろんのキャラクターは微妙だったかな(汗)
設定的にはツンデレという事なんですが、確かにそれっぽい台詞はあるものの、正直そんなにデレてたかな…。

 

一応それらしいけど、ちょっと薄いかなという印象でしたね。
終盤の扱いなども見ると、桃香だけで1本分でも良かったのではないかなと。

 

いっしょにエッチ 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
いっしょにエッチ

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
いっしょにエッチ

いっしょにエッチ スタッフ

原作:ピンクパイナップル/監督・作監・演出:裾分雅明/キャラクターデザイン:山犬麻司/絵コンテ:富辰吉/脚本:沢野間新市朗/アニメーション制作:グラム/製作:ピンクパイナップル

ページランキング