最終痴漢電車NEXT Molester.1「俺は…ただの痴漢だ」レビュー

PCゲームが原作のアニメ化作品です。
原作版のタイトルは「最終痴漢電車3」ですね。

 

 

あらすじ

鉄道警備隊レイヴンの女隊長・黒滝凛は、痴漢を現行犯で捕まえたが、その表情は冴えなかった。彼女の狙いは都市伝説となっている「最終痴漢電車」の謎を解き明すことだったからだ。そんな凛の動きを「悪魔の手」の異名を持つ凄腕の痴漢・鷹取迅が既にマークしていた。最終痴漢電車の「ゲスト」に相応しい「牝」を求め痴漢を続けていく迅。迅の性技の前に次々と堕ちていく女性達は、自らの意志で最終痴漢電車へ乗り込んでいく。さらに情報を聞きつけた凛も密かに車内に潜入するのだが……!?

 

登場ヒロイン

登場するヒロインは、「錦織 アリサ」(にしきおり)、「小田切 尚美」(おだぎり なおみ)、「真田 忍」(さなだ しのぶ)、「神宮寺 悠璃」(じんぐうじ ゆうり)、「黒滝 凛」(くろたき りん)がいます。

 

アリサは、フィギュアスケーターとして将来を期待されている存在です。
しかし、技術があるものの、表現力という点においては難があるという悩みを抱えています。

 

尚美は、元人気グラビアアイドルの経歴を持ち、現在は青年実業家の夫と結婚し、セレブ系タレントとして活動しています。
満ち足りた生活を手に入れたものの、退屈な毎日にうんざりしており、わざと男を挑発する様な衣装で電車内に乗り込んでいます。

 

忍は、会社の係長を務めるキャリアウーマンです。
厳しくお堅い女として会社では言われており、三十過ぎて処女であり、レディコミを愛読している面も。

 

悠璃は、財閥の一人娘です。
好奇心旺盛な性格で何にでも興味を持ちます。
お嬢様であるがゆえにおっとりした面があり、どこかずれた考えがあったりもします。

 

凛は、痴漢撲滅を掲げる警備組織「レイブン」の部隊長です。
潔癖な性格であり、痴漢をする人間を嫌悪しています。
痴漢を取り締まる存在でもありますが、その美貌もあり逆に痴漢から狙われてもいますが、返り討ちにあう痴漢ばかりです。

 

他にも、ラストに少し凛の上司である「新明カノン」が登場していますが、少しですね。

 

 

ストーリー展開

ストーリー的には、「悪魔の手」の異名を持つ凄腕の痴漢である主人公が、素質を持った女性を物色し、最高の牝に仕上げ「最終痴漢電車」のゲストとする流れですね。

 

この時点では、最終痴漢電車と言う存在は半ば都市伝説的なものとして捉えられています。
しかし、鉄道警備隊「レイヴン」の隊長である黒滝凛は、それを確信しており、その存在、謎を解き明かそうとしている訳ですね。

 

そのためには、この件に深く関わっているであろう主人公を探し回っているんですね。

 

ちなみにレイヴンとは、年々増加している痴漢犯罪に対して、設立された女性のみで構成された警備隊の事です。
まぁ、凄腕の痴漢として名高い主人公にとっては、当然敵になりますな(汗)

 

Hシーン

Hシーンでは、今作登場する全ヒロインの行為が描かれています。

 

行為的には、基本手コキ、フェラ、アナルセックスが1セットって感じでしょうか(汗)
他の要素としては、ヒロインによって素股、放尿だったりなどがありますね。

 

5人ものヒロインとの行為が入っているだけに、かなりHシーンに時間を割いている印象があります。
ですが、個々で言うとやはり少し物足りなさがありますねぇ。
こればかりは仕方ない所でしょうけども、もう少し人数を絞って個々のヒロインの行為をじっくり見たかったかなとは思いますね。

 

序盤から中盤にかけては、
忍、アリサ、悠璃とのそれぞれ主人公との痴漢行為が描かれています。

 

他にも冒頭に、尚美のシーンもあるにはあるんですけども、これは相手が主人公ではなくただの痴漢であり、痴漢してすぐ凛たちレイヴンに御用となるために実質頭数には入らないレベルですね(汗)

 

どうも会話で聞くに、この時点では各ヒロインたちは主人公との痴漢行為は初めてではないっぽいですね。
何回か経験がある様な素振りで、確実に主人公からもたらされる快感に拒めなくなっている様子がうかがえます。

 

ここでの痴漢行為後に、舞台は最終痴漢電車内へとその場所を移し、更なる行為が行われるといった事になりますね。
ここからは、相手役は痴漢電車内に乗っている男共になり、主人公が相手をする事はないです。

 

ヒロインによっては、それぞれ関係のある男共との行為になりますね。
忍だったら、会社の部下だったりと。

 

集団の男相手なので、多人数との行為がメインになりますね。
両手にそれぞれ肉棒を握らされたり、膣内、アナルの2穴同時挿入だったりとやりたい放題です(汗)
ヒロイン数が多いので、やはり個々の描写は短めなので、もっとじっくり見たいお気に入りの娘がいると困りますね(汗)

 

最終痴漢電車内では、前半あまり出番の無かった尚美も参加しており、その身体を男たちに提供しています。
彼女は得意体質で母乳を噴いたりするけども、あんまりインパクトはなかったかな(汗)

 

他にもアリサはフィギュアスケートの衣装でだったり、悠璃はまたも放尿だったりとそれぞれ見せ場がありますね。

 

最後にようやく主人公と凛の痴漢行為になる訳ですけども…。
主人公の指による愛撫で乳首、膣、アナルと弄られて、感じさせられてしまう事になりますが、今作ではそこまでであり、挿入まではありませんでした(汗)
今後って事ですかね?

 

絵柄

PCゲームの原作版はプレイしていませんけども、それでも一目見て原作版の絵柄にかなり似ている印象がありましたね。
プレイ済の人でも、それ程違和感を感じないクオリティーではないでしょうか?

 

この最終痴漢電車シリーズって、他にもあるんですけどもこれが一番絵柄が近いのではないですかね。
作品によっては、原作からかけ離れて別人みたいなものもありますからねぇ(汗)

 

男共は、それ程力入っていないですけども、別にいいですね(汗)
客によっては生気がないだろ、って連中もチラホラ…。

 

反面、主人公に関してはかなり力入っていますねぇ。
決め台詞?の場面などの顔だったり、無駄な格好良さがあります(汗)

 

総評

絵柄などの原作の雰囲気は良く再現されているのではないかなと思います。
アニメ絵になっても、殆ど違和感を感じないってのは大きいのではないでしょうか。

 

ストーリー的には、かなりはっしょっている感じは受けましたけども、仕方ないですかね(汗)
殆どのヒロインが既に堕ちかけ、と言うか堕ちているだけに実質メインヒロインは凛だけみたいな感じになっていますけども、今後どうなるのかですね。

 

まだ原作版のヒロインでは、何人か登場していないキャラクターもいますので、次回も凛をメインヒロイン格としてサブに新キャラたちを入れるって感じになるのかな?

 

どうやら次回作では、双子の姉弟である「月詠」と「星詠」が登場する様です。

*原作PC版の画像です

 

最終痴漢電車NEXT Molester.1 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版 ダウンロード版はこちらからどうぞ
最終痴漢電車NEXT Molester.1「俺は…ただの痴漢だ」

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
最終痴漢電車NEXT Molester.1 「俺は…ただの痴漢だ」

最終痴漢電車NEXT 関連商品

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
最終痴漢電車3

 

原作PC版

最終痴漢電車3
最終痴漢電車3
posted with amazlet at 12.08.08
アトリエかぐや(TEAM HEARTBEAT) (2010-12-17)

 

DVD−PG版

最終痴漢電車3DVDPG
最終痴漢電車3DVDPG
posted with amazlet at 12.08.08
アイチェリー (2011-08-25)

最終痴漢電車NEXT スタッフ

原作:最終痴漢電車3(アトリエかぐや TEAM HEARTBEAT)/プロデューサー:織賀進/監督・演出・絵コンテ:早川ナオミ/キャラクターデザイン:早川ナオミ、暁紫苑/作画監督:暁紫苑/色彩設計:庄内まい/脚本:佐和山進一郎/音楽監督:神戸港一RX/アニメーション制作:Office Takeout/製作:ピンクパイナップル

ページランキング