姉、ちゃんとしようよっ! 第1話 空也故郷へ帰るの巻 レビュー

PCゲームが原作のアニメ化作品です。

 

この作品は、全話を収録した完全版です。

あらすじ

主人公は、幼い頃に「柊家」に養子と引き取られてきた過去があります。
そんな柊家には、何と姉となる女性陣が6人も(汗)
しかし、姉たちから愛情を注がれ、甘やかされてた主人公はそれを危惧した父親から遠くの親戚の家に預けられる事に…。
そして10年ぶりに主人公は、柊家に戻ってくる事になるという展開です。

 

登場するヒロイン

登場するヒロインは…
長女の「雛乃」(ひなの)
次女の「要芽」(かなめ)
三女の「瀬芦里」(せろり)
四女の「」(ともえ)
五女の「高嶺」(たかね)
六女の「」(うみ)がいます。

 

WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
雛乃
雛乃は、柊家の長女です。
ですが、見た目は一番幼く見えます(汗)
そんな事もあってか、姉らしく振舞おうとしている面もあり、子供扱いはNG。
病弱であまり表には出てきません。
WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
要芽
要芽は、柊家の次女です。
雛乃があまり表に出れないために、実質姉妹のまとめ役でもあります。
弁護士でもあり、そのクールで冷静すぎる対応に「氷の弁護士」の異名も…。
主人公にとっては、初恋の人です。
WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
瀬芦里
瀬芦里は、柊家の三女です。
北欧のハーフであり、一番グラマーですが、精神年齢が残念(汗)
好奇心旺盛な元気娘ですが、反面思いつきとノリで行動するトラブルメーカーです。
当人曰く、猫っぽいとの事。
WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
巴は、柊家の四女です。
凛々しい外見とは裏腹に、実はとてもおとなしくシャイで優しい性格です。
可愛らしいものが大好きです。
実は、ある秘密が…。
WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
高嶺
高嶺は、柊家の五女です。
勝ち気で負けず嫌いなツンデレな性格で主人公をいつも小馬鹿にし、コキ使っています。
要芽を尊敬しています。
WHITE BEAR,アダルトアニメ,姉、ちゃんとしようよっ!,レビュー,感想,評価
海は、柊家の六女です。
主人公より若干先に産まれた事もあり、やたらとお姉さんぶる面が。
主人公のために何でも協力したいと思っていますが、不器用なのであまり役に立っていません(汗)
天然系なおっとりした性格ですが、ここぞの時の行動力は計り知れない物があります。

 

ストーリー展開

展開的には、主人公が10年ぶりに柊家に戻ってくる事になる展開です。
皆、相変わらずのお姉さんぷりであるのですが、主人公がある意味一番会いたかった初恋の存在である要芽の様子は、離ればなれになる前とは明らかに違って見え、主人公は戸惑う事に…。

 

更に要芽への違和感が確定的になったのは、夜に主人公の寝こみを要芽に襲撃されてしまうからです(汗)
一服盛られて手錠までされてしまって、身動きできない主人公は要芽に良い様にされてしまいます。

 

自分の知っている要芽とは、印象が全く違う要芽とは言え、想い人に股間を弄られれば肉棒はフル勃起してしまうのも致し方ないのはありますね(汗)
まぁ、延々と強制的に射精をさせられ続けるのは勘弁ですが(汗)

 

勿論、要芽とだけのHシーン(と言えるのだろうか…)以外にも他の姉たちとのHシーンはあります。
今作では、要芽以外に瀬芦里、高嶺、海とのHシーンが用意されています。

 

瀬芦里は、自分で猫っぽいと語ってた様に肉食系とでも言える様なキャラなので、急にHな展開に(汗)
優しくしてとか言い出す主人公とは性別が真逆の様な…。
まぁ、昨夜の要芽の事が大きく尾を引いているのでしょうけどね(汗)

 

高嶺との展開も正直急展開な感は否めませんけど、基本主人公は姉たちには従う所があるので、どうしても巻き込まれる感じになりますね。
基本的に受け身なので、そういう主人公が苦手だと楽しみにくいかもしれませんね。
彼女は何故かボンテージ姿でのHとなるのが印象的です、似合ってはいるんですけどね(汗)
別に鞭で叩くとかそういうSM系な行為は特にないです。

 

海との展開では、珍しく主人公から乗り気な展開でしたけどね。
まぁ、主人公とも同い年だったりする事なども影響しているかな。

 

主人公はかなり早漏キャラ?なので、手コキなどの行為ではあっという間の発射です(汗)
特に要芽から弄られた時の射精の早さはかなりのものです。
でも、女性陣とのH自体では、そこまで射精早くないんですけどね(汗)

 

絵柄

絵柄では、原作版の絵柄をうまく再現されていると思うので、違和感はあまり感じないと思います。
特にキャラクターの表情はかなり描きこまれているなと感じました。

 

まぁ、主人公も瞳キラキラなので、表情のアップだと男らしさより、若干女性っぽさもありますね。
可愛い系の主人公ですね、こりゃ姉たちが可愛がる訳ですなぁ。

 

総評

全体的には、1話目という序章であって、キャラ紹介など色々な要素を入れ込んだゆえにちょっとテンポ早い感もあったかな。
私は、多少の原作のストーリーやキャラクターを知っていますので、特に問題はなかったですが、いきなり初見だと分かりにくいかなと思いますね。
知らないと、まさかあんなのが登場してくるとは思わないでしょうね(汗)

 

全5話な構成なので、もう少しゆっくり展開しても良かったかもしれませんが、5話あっても余裕はないかな(汗)
まぁ、とりあえず6人姉妹の紹介なども一通りしないといけないだろうしなぁ…、詰め込むのは仕方ないですね。

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
姉、ちゃんとしようよっ! 第1話 空也故郷へ帰るの巻

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
姉、ちゃんとしようよっ!第1話『空也故郷へ帰るの巻』

姉、ちゃんとしようよっ! 関連商品

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
姉、ちゃんとしようよっ!

姉、ちゃんとしようよっ! スタッフ

製作:ディースリー アニメーション/製作:studio9MAiammi/ 監督・脚本:金沢勝眞/演出:中川聡/キャラクターデザイン・総作監:飯島弘也/作監:牛島勇二/音響監督:中川逹人/ブランド:White Bear

ページランキング