秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」 レビュー

秘湯めぐり隠れ湯 総集編 [DVD]
ビデオメーカー (2012-12-21)

 

この作品は、全話を収録した完全版です。

あらすじ

主人公が、半年ぶりにふるさとに戻ってくる事になるところから物語は始まります。
そんな主人公が向かった先は、伝統的な和風作りの温泉旅館「金峰桜」。
ここには、主人公の幼なじみであり、恋人の「雪野 ちとせ」が若女将として働いているからです。
相変わらず可愛らしい彼女ですが、そんな彼女の周りに怪しい男の存在が…。

 

登場するヒロイン

登場するヒロインは、ちとせに主人公の従妹の「公星 舞桜」(きみほし まお)がいます。

 

ちとせ

 

舞桜

 

ストーリー展開

展開的には、まぁ、早い話が寝取られ系な展開とでも言えばいいのでしょうか(汗)
彼女の傍には、何とも怪しげな風体の男の存在がチラつくことに。

 

どうやらカメラマンの様ですが、彼から渡された雑誌の記事を見るにかなり低俗な類のものでしょうねぇ。
また、そんな雑誌に水着姿で大胆な恰好を披露しているちとせの写真が…。

 

自分の知らない彼女の姿に憤る主人公は、男に身体を自由されているちとせの姿を目撃する事に…。

 

Hシーン

主人公とのHシーンは全くありませんでした(汗)
あっても不器用そうなキスのみでしたねぇ…。
それ以外のシーンでは、男との絡みのみとなります。

 

どうやら描写はまったくありませんでしたが、既にある程度の調教ではないですが、この手の事は経験済みみたいですね。
でも、純粋に無垢だった彼女相手に事に及んだ時のシーンが一番見せ場ではないんでしょうか?(汗)
そこをなぜ省くんだろう…、はしょる部分が違うだろう…。
個人的には、そこが一番見たかったになぁ。

 

この状況では、既に快楽堕ちに近い所まで行きつつあるだけに、口では男をダメとか拒むポーズはありますが、全く抵抗する意思は見受けられません。
なので、悲壮感とか陰鬱さみたいな要素はあまり出ていないと思います。

 

まぁ、私はこの手の作品にはあまり耐性がない方なのですが、そんな私でもあっさりしているなと感じるためにエグいのを期待している人には肩透かしな事になっているのではないかな(汗)
既に堕ちかけってのは、あまり面白みがなさそうですけどね。

 

時間的に仕方ないのでしょうが、回数が1回だったのもまた残念。

 

個人的には、水着姿のちとせの写真が一番グッと来たんですが…、少数派?(汗)

 

絵柄

絵柄に関しては、かなり綺麗であり、不満はないですね。
時間が短い分、クオリティーは素晴らしいと思います。
主人公の何とも言えない幸の薄そうな表情は必見です(汗)

 

総評

全体的に雰囲気はあるんだけど、何か物足りないという作品でしたね。
そもそも主人公とちとせの関係の深さがあまり説明されていないかったので、寝取られている感じが薄い気がしました。
指輪のエピソードくらいなものでしょうか。

 

従妹の舞桜の存在も何だか登場させただけな感じがしましたね。
彼女の出番も少なかったし、勿論Hシーンもないですし。
でも、最後に結構存在感のあるシーンがあったのは今後にどう関わるのでしょうか?

 

陰鬱さなどはなかった分、そういうのに抵抗感を感じている人であれば、比較的見やすくなっているとも言えるかな…。

 

でも、やっぱり本編の短さはどうにも…。
絵柄も可愛らしく、HシーンもそれなりにHではありましたが、ボリュームまではどうにかならなかったのだろうか。
下巻足しても約1本分の時間では、ねぇ…。

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
秘湯めぐり 隠れ湯 上巻「幼なじみは若女将」

秘湯めぐり 隠れ湯 関連商品

秘湯めぐり 隠れ湯 スタッフ

原作:PCゲーム「続・秘湯めぐり」(リドルソフト)/企画:一刀斉ぽんず/プロデューサー:ももいさくら/監督:友田政晴/脚本:たかはし薫/キャラクターデザイン・作画監督:あかふく・まろ/制作:関東動画會/製作:メリー・ジェーン

ページランキング

秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」 レビュー関連ページ

秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」 レビュー
成人向けのアダルトアニメのメリー・ジェーン作品の秘湯めぐり 隠れ湯シリーズのレビューについて