秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」 レビュー

秘湯めぐり隠れ湯 総集編 [DVD]
ビデオメーカー (2012-12-21)

 

この作品は、全話を収録した完全版です。

あらすじ

上巻で主人公は自分の恋人である「ちとせ」が別の男に抱かれているのを目撃してしまいます。
しかし、主人公は彼女に対し、その事を聞けずじまい…。
ちとせのいつもと同じはにかんだ笑顔や態度を見ているとあの時のことが夢の様にすら感じる程に。
ですが、実際には男との関係は続いており、彼女の私室で行為が繰り広げられているのを主人公はただ見るしかできず…。

 

Hシーン

これまた上巻同様に主人公とのHシーンは全くありませんでした(汗)
それ以外のシーンでは、男との絡みのみとなります。

 

女子高生でもある彼女の制服を着させた状態での行為は見どころってか、それしかないか(汗)

 

しかし、ちとせのキャラクターもよく分からないんですよねぇ…。
男を彼氏と言わず「セフレ」呼ばわりするんですが、ただ形的に彼氏ではないけども…って事のが含まれているんでしょうね。
穏やかな顔して男の肉棒を握って、そんな事言ってたらどっちが彼氏なんだか(汗)

 

全く彼女に罪悪感的な要素が見えてこないために、全く悲壮感も何もありませんねぇ。
なので、ただエロい事があればOKな女子高生にしかなっていないのが致命的かと…(汗)

 

好きな人がいるとか言いながら、身体の快楽には抵抗できない様が、真実なのかポーズなのかが伝わってこないなぁ。
まぁ、直後に2回戦始めているだけにポーズ臭さ全開ですが(汗)

 

もっと通常時をツンデレじゃないけど、そんな風に拒絶している態度とかがあってのH時のあの親密さの落差があれば、まだ嫌なんだけど身体は望んでいるという感じが出るんでしょうが、普段もあまり強く拒絶していないからなぁ。

 

見た目結構清楚さがあって、良かっただけにこの堕落っぷりには残念でなりません…。
Hシーン自体はそれ程悪くはないだけに勿体ないな。

 

タイトルの「堕とし頃」って、もう堕ちているでしょう(汗)
まぁ、お年頃ってのとかけているんでしょうが。

 

総評

上巻に続いて何ともな内容でしたね(汗)

 

個人的に一番気になったのは、上巻にいた従妹の舞桜の存在、どこへ消えたの?
この下巻では顔のひとつも出てこなくなっております(汗)
あの上巻での思わせぶりなシーンは何だったのか…。

 

何故かその代わりに旅館で働く娘が出てきますが、必要だったのかなぁ…。
あの娘出すなら、舞桜出せば良かったんじゃ?
正直、入れ替えても問題ないレベルの会話しかしてなかったし。

 

何より主人公の存在感が、上巻よりもないですし(汗)
もっとショックを受けさせるとか出番を…。
終盤、いるのかいないのかわからない位の扱いには泣けます。

 

ストーリー自体も結局進んでいないだけにこれで終わらせるってのは、どうかと思うレベルになっているのが勿体ないですね。
寝取られにもなっていないんじゃないかなぁ、これって。

 

絵柄は結構好みだっただけに、何とも残念極まりない消化不良の作品となりました(汗)

 

やはり15分前後の作品ではちょっと無理がありますね。
お金の問題なのかもしれませんが、ちょっとねぇ(汗)

 

15分だとストーリーなんてなくて、ひたすらHしているシーンだけまとめたみたいな作品くらいしか成立しないんじゃないかなぁ…。
分かってて見る分にはいいんでしょうけどもね(汗)

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
秘湯めぐり 隠れ湯 下巻「若女将は堕とし頃」

秘湯めぐり 隠れ湯 関連商品

秘湯めぐり 隠れ湯 スタッフ

原作:PCゲーム「続・秘湯めぐり」(リドルソフト)/企画:一刀斉ぽんず/プロデューサー:ももいさくら/監督:友田政晴/脚本:たかはし薫/キャラクターデザイン・作画監督:あかふく・まろ/制作:関東動画會/製作:メリー・ジェーン

ページランキング

秘湯めぐり 隠れ湯 下巻 「若女将は堕とし頃」 レビュー関連ページ

秘湯めぐり 隠れ湯 上巻 「幼なじみは若女将」 レビュー
成人向けのアダルトアニメのメリー・ジェーン作品の秘湯めぐりシリーズのレビューについて