お嬢様☆嫁入り抗争 下巻 風雲! ツンデレラ城 レビュー

同名、美少女文庫の作品が原作のアニメ化作品です。

 

 

上巻のあらすじ

この日、主人公は同時に2通の手紙を受け取る事になります。
向かった先で主人公を待っていたのは、ふたりの美少女たち。
しかし、そのふたり「墨宵 桜」(すみよい さくら)、「黒咲 緋巴」(くろさき あげは)は街を二分する極道、マフィアのお嬢様だったのです(汗)
元々ライバル関係にあるふたりは、組だけでなく、主人公を巡って熱い火花を散らすという展開でした。

 

登場ヒロイン

登場ヒロインは、桜に緋巴の他に、主人公の妹の(くう)がいます。
空は、上巻では登場していませんでしたので、初登場ですね。

 

桜は、極道の墨宵組長の娘です。
和装で黒髪といかにもな風貌で、基本的には礼儀正しく丁寧な口調です。
しかし、見た目によらず行動的な積極性もあります。
刀を常に携帯していたりでただ優しいだけではない面も(汗)

 

緋巴は、マフィアグループの娘です。
ロシアにルーツがあるのか、銀髪に白い肌で小柄な体型もあり、お人形の様な印象も与えます。
中々自分の感情を素直に出す事ができない不器用なツンデレな性格です。
こちらは、拳銃を所持しています(汗)

 

空は、主人公の妹です。
…って、それくらいしかないですね(汗)
このアニメ版だけでみれば、紹介する要素はそれだけで十分ですな(汗)

 

ストーリー展開

今回、上巻で桜と関係を持った主人公は、彼女とデートをする事になるんですが…。
そうはさせまいと桜の隙をみて、緋巴は主人公を捕まえ、気持ちを伝える事になる流れですね。

 

上巻では、ほぼ全編、桜をメインヒロインとばかりに、彼女だけとの展開になっていましたので、下巻の今作は反対に緋巴の番だという事ですね。
なので、今作は桜がだいぶ薄くなっております(汗)

 

Hシーン

Hシーンでは、緋巴との行為が描かれています。
主な行為としては、フェラくらいですね。

 

上巻の桜は、豊かな胸を使ってのパイズリ行為もあったんですが、残念ながら緋巴の胸では…(汗)
その分、フェラシーンに力を入れてたりしたら、良かったんですけどねぇ。
  

 

行為だけではなく、流れも桜と酷似した流れが多いのも特徴ですね。
(原作版でもこういう流れになっていました)

 

桜は、弟が欲しかった事もあり、主人公を弟としてみたり、主人公も桜姉と呼ぶようになっています。
なので、緋巴は姉ではなくて、妹としてみての流れになっています。

 

彼女の容姿も相まって、「お兄ちゃん」発言がピッタリはまっています♪
そんな妹を責める兄(主人公)ってシチュエーションは結構好きですね。
 

 

「まんぐりがえし」な状態にさせての行為は中々見た目のインパクトがありましたね。
ついさっきまで処女だった娘相手に主人公も中々強引ですな(汗)
 

 

それにしても、後で桜を交えての行為になるんじゃないかと思ってたんですが…、なかったですね(汗)
うーん、美少女文庫では今作に限らず、大体そういうパターンになっているんだけどなぁ。

 

絵柄

絵柄については…、もう上巻で言うべき事は言いましたし、いいでしょう(汗)
見てたら慣れますよ、うん。
これはこれで、可愛らしく見えてくる様になると思うので、問題はないと思います。

 

でも、ちょっと気になったのは緋巴の色味と言えば良いんでしょうか。
全体的に、彼女って色素が薄いのか、髪もそうですし、肌の色も桜と比較すると更に白く薄いんですね。
それゆえに、カラーとして印象がやや弱いかな、迫力というか。

 

まぁ、逆に肌の色などや体型も相まって、儚さというか、華奢で繊細な感じは見ててあったかなとは思いますけどね。
もっとも個人的には、もっと肌の色味が濃い方がエロアニメの肌色としては好みなので、そういう意味では幾分ガツンと来ない所がありましたね(汗)

 

空も今回初登場でしたが、やはりこの娘も若干頭身が上がって、シャープになっていましたね。
ちょっと原作とはイメージが違う気もするけども、このデザインは結構好きかも。

 

総評

全体的には、うーんってのが正直な感想ではありましたね(汗)

 

私は、上巻のレビューでも書いたんですが、上巻丸々桜のパートだったので、下巻はどうなるんだろうと心配してたんですね。
ラストの方に、おそらく桜と緋巴のHシーンを入れるとすると、どうしても割合として緋巴のパートが桜よりも少なくなるんじゃないかなと。

 

しかし、Hシーンの所でも書いていますが、ふたりとの行為はなかった訳で…。

 

ラストの展開について、あまり書く訳にはいかないんですが、「これで終わり!?」って仕上がりになっておりました(汗)
ここで終わるとは思ってなかっただけに、微妙な気分になっちゃいましたねぇ。

 

これ、下巻だけどまだ続きあるんじゃないかと思いましたが、しっかりと「おしまい」と挿入されておりましたので、もうないんでしょうな(汗)

 

 

はっきり言って、この作品をやるにはやはり時間が短すぎますね。
正直、何故にこの作品をアニメ化しようとしたのかが分かりません(汗)
せめて、ヒロインがひとりじゃないと、時間内にまとまらないですね。

 

同レーベルから出ている「MY妹」の方が、よほどまとまっていましたね、あれはヒロインひとりでしたし。

 

残念ながら原作を知っている人にも、知らない人にも、微妙な作品になっていると思います。
あまり悪くは言いたくないんですけどねぇ、もうちょっと頑張ってよ、と(汗)

 

今後もここから、また美少女文庫の作品である「ツンツンメイドはエロエロです」がアニメ化される事が発表されていますが、大丈夫なんだろうか(汗)
まぁ、あの作品はヒロインがひとりなので、まだ大丈夫だとは思うんですが…。

 

 

DMM アニメ版 ダウンロードはこちらからどうぞ
お嬢様☆嫁入り抗争 下巻 風雲!ツンデレラ城

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
お嬢様☆嫁入り抗争 下巻 風雲! ツンデレラ城

お嬢様☆嫁入り抗争 関連商品

お嬢様☆嫁入り抗争 スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:『お嬢様☆嫁入り抗争』美少女文庫(フランス書院)/企画:44℃梅毒/プロデューサー:渡嘉敷八起/監督・演出:笠原慎平/キャラクターデザイン:久我原陸/脚本:関町台風/制作:Studio Eromatick/製作:メリー・ジェーン

 

【キャスト】
天河 護:河村眞人
墨宵 桜:淀川優花
黒咲 緋巴:綾部結花
天河 空:苺山文太郎

ページランキング

お嬢様☆嫁入り抗争 下巻 風雲! ツンデレラ城 レビュー関連ページ

お嬢様☆嫁入り抗争 上巻 極嬢の恋煩い レビュー
成人向けのアダルトアニメレーベルのメリー・ジェーン作品のお嬢様☆嫁入り抗争シリーズのレビューについて紹介しています。