ツンツンメイドはエロエロです 上巻 レビュー

同名、美少女文庫の作品が原作のアニメ化作品です。
美少女文庫のアニメ化作品の3作品目ですね。

 

 

あらすじ

主人公は、幼なじみである「針山 桐葉」(はりやま きりは)がいますが、この日の彼女はいつもと違っています。
主人公を起こしに現れるいつもの日常だったはずですが、いつもとは違い、桐葉の姿は何故かメイドの格好になっていたのです(汗)

 

そんな彼女は、主人公の母親に世話を頼まれ、主人公のスケベ心を矯正すると言い出したのです。
しかし、そんな桐葉の考案したゲームが、そこに加わった事で何故かHな事になっていくという展開です。

 

登場ヒロイン

登場するヒロインは「桐葉」だけです。

 

桐葉は、主人公の幼なじみです。
知的でクールな性格をしており、毒舌が特徴的です。
ハリネズミの「シュン」をペットにしています。
メリー・ジェーン,アダルトアニメ,ツンツンメイドはエロエロです,レビュー,感想,評価

 

ストーリー展開

ストーリー的には、主人公の元に桐葉がメイドの格好をしてきた事から始まり、彼女はメイドとして、主人公の世話をする事になる流れですね。

 

これは主人公の母親に頼まれたという、いかにもな理由なのですけども、口で言う程嫌々ではないのは明らかですよね(汗)

 

それに彼女の格好は、メイド服はメイド服でもかなりの露出がある、Hなメイド服を着用しており、メイド好きな主人公は心を鷲掴みされてしまう事になります。
それでなくても、主人公は桐葉に好意を持っているだけに、破壊力は倍増な訳ですねぇ。

 

そんなコスチュームになっている桐葉は、主人公のエロ趣味矯正のために桐葉が考案したメイドゲームをプレイする事になります。
メイド好きの主人公にとって、このゲームは辞退する訳はなく、桐葉とのメイドゲームが開始する事に。

 

そして、このメイドゲームをきっかけにして、ふたりの関係に変化が生じるという流れになっていきます。

 

Hシーン

Hシーンでは、桐葉との行為が描かれています。

 

行為的には、手コキやパイズリなどがあります。
他にもフェラなどもありますけども、これは主人公の妄想上の事なので、カウントには入れていません(汗)
メリー・ジェーン,アダルトアニメ,ツンツンメイドはエロエロです,レビュー,感想,評価

 

原作版と比べると、色々な意味で桐葉のキャラクターがマイルドになっているために、かなり甘さを感じる様になっていますね。
なので、つい桐葉の可愛らしさに終始、ニヤニヤしてしまいますね♪

 

逆にツンツンという要素を期待してた人には、若干物足りなさもあるかもしれません。
私自身も、期待というとニュアンスが違うんですが、桐葉に声が入るとどんな感じになるのかな?とおっかなびっくりで視聴しただけに意外にマイルドだった事に、「こんな感じ?」と感じたのも確かですね。

 

絵柄

絵柄に関しては、原作の美少女文庫の挿絵担当の「有末つかさ」さんの絵柄よりも、可愛らしさがアップしていますね。

 

有末つかささんの絵柄は、独特のクールで冷静な性格をうまく表現されているだけに、かなりアニメ版ではマイルドになっていると感じました。

 

別にアニメ版が悪い訳ではないですよ、念のため。
でも、雰囲気がかなり柔らかいのもあって、桐葉のイメージが少し原作版からは違って見えるのも確かですね。
可愛いので、これはこれでアリですな♪
メリー・ジェーン,アダルトアニメ,ツンツンメイドはエロエロです,レビュー,感想,評価

 

そのイメージのギャップは、何も桐葉だけではなく、主人公にも…。
アニメ見た時に、「こんな感じだったっけ?」と思ってしまいました(汗)

 

美少女文庫では、基本主人公は少なくともこんな童顔なイメージはなかったなぁ。
メリー・ジェーン,アダルトアニメ,ツンツンメイドはエロエロです,レビュー,感想,評価
子供っぽさ全開ですな(汗)

 

総評

全体的には、絵柄などの印象もあり、原作版よりも可愛らしさを強調した作りになっていたのが、印象的でした。

 

なので、原作版から入ると桐葉の毒成分がかなり抜けて落ちているので、若干違和感を感じるかもしれませんね。
よりマイルドに萌え系になっているという感じかな。

 

特に美少女文庫からのアニメ化は、この作品が3作目となりますが、今作が一番コミカルな要素というか演出が多かったのは意外でした。

 

桐葉も主人公も意外に表情が豊かでコミカルな表情も多々ありましたしね。
原作版の有末つかささんの挿絵が綺麗で整っているだけに、これは新鮮な驚きでした。

 

原作の様な、桐葉の吐く毒や言葉の応酬、会話の早いテンポなどは正直無いですが、そのままアニメにすると難しいのかもしれませんね(汗)
「ツンツン」という所が、タイトル負けな感じも否めませんが、ぷちツンメイドさんとのイチャイチャを味わう分には、楽しめるのではないでしょうか。

 

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンツンメイドはエロエロです 上巻 ご主人様を躾けてあげる

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
ツンツンメイドはエロエロです 上巻 ご主人様を躾けてあげる

ツンツンメイドはエロエロです 関連商品

原作ノベル

ツンツンメイドはエロエロです スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:フランス書院美少女文庫「ツンツンメイドはエロエロです」/企画:44℃梅毒/プロデューサー:太多秀太/監督・作画監督・キャラクターデザイン:寿蘭子/脚本:穴戸半兵衛/制作:スタジオ1st/製作:メリー・ジェーン

 

【キャスト】
針山桐葉:桜川未央
牧尾栄春(主人公):犬田わん
シュン/メイド:早乙女綾

 

*メイドというのは、主人公の夢で出てきた妄想のメイドさんの事です(汗)

ページランキング

ツンツンメイドはエロエロです 上巻 ご主人様を躾けてあげる レビュー関連ページ

ツンツンメイドはエロエロです 下巻 メイドの躾けはお尻から レビュー
成人向けのアダルトアニメレーベルのメリー・ジェーン作品の「ツンツンメイドはエロエロです」下巻のレビューを掲載しています。