トロピカルKISS キュンっとなった花火はキレイでしょ?編 レビュー

同名PCゲームが原作のアニメ化作品です。

 

 

あらすじ

主人公の「草刈 海人」(くさかり かいと)は『BIGな男になる!』という夢を胸に、田舎から飛び出した。
そして当面の生活費を稼ぐべく目を付けた会社、リゾート施設『A・LO・HA』で働く事となるのですが、そこで出会った女性たちは実は主人公の知り合いであり、それぞれ色々あった娘ばかりだったという展開です。

 

登場ヒロイン

 

登場ヒロインは…

 

幼なじみの「日向 花火」(ひなた はなび)
上京時のアパートのお隣さんだった「氷室 立夏」(ひむろ りっか)
上京時のバイト仲間だった「葵 祭」(あおい まつり)
リゾート施設「A・LO・HA」を経営する会社社長の娘の「水無月 泉」(みなづき いずみ)
主人公と花火の幼なじみの「早乙女 凪」(さおとめ なぎ)がいます。

 

他にもサブキャラの娘がいたりしますが、今回は上記の5人に絞らせて頂きます。

 

キャラ紹介の画像は、対象ヒロインのサンプルがない事もあり、原作PC版の物を掲載しています。

花火のみアニメ版の画像となります。

 

花火は、主人公の幼なじみです。
明るく活発な性格の持ち主で、好かれるタイプですが立夏とはあまり相性はよくない事も(汗)
主人公の事を想っていますが、中々素直になれない所があります。

 

立夏は、主人公が上京時に隣に住んでいた住人でした。
クールな性格をしており、あまり考えが周りからは見えにくい所がありますが、人付き合いはそんな悪くはありません。
しかし、自身の胸の小ささを気にしているという可愛らしい面も。

 

祭は、主人公が上京時に知り合ったバイト仲間でした。
しっかり者なのですが、何故かドジをする事が多い面が(汗)
家庭的で料理好きな女性です。

 

泉は、リゾート施設である「A・LO・HA」を経営している会社、「水無月興産株式会社」の一人娘です。
そのため、生粋のお嬢様であるゆえか、世間知らずな面も垣間見せますが、基本的には礼儀正しいです。

 

凪は、主人公と花火の幼なじみでもあり、現在「A・LO・HA」の支配人という立場にいます。
若くしてA・LO・HAの支配人という立場が示す様に、仕事の出来る女性です。
とは言え、お堅いと言う訳ではなく、お茶目な一面も。

 

ストーリー展開

展開的には、主人公が曰く付きの女性陣と再会する事になる流れですね。
実は、この5人の女性たち、それぞれ主人公と関わりがあった娘たちなんですね。

 

幼なじみの花火とは、当時主人公が彼女に告白するも…、結果フラれた様な形になってしまい…。

 

立夏は、出会った当時に酒の勢いで、主人公が半ば強引に迫り、関係を持ってしまった、と。

 

祭は、当時の主人公に告白するも結果として失恋となった、と。

 

泉は、着替え中の主人公の裸を目撃してしまい、結婚相手以外の裸を見てはならないという家訓で主人公に積極的に求婚してきている経緯が…。

 

凪は、主人公の幼なじみであり、主人公の初恋の相手という関係があります。

 

…うーん、泉だけ理由がぶっ飛んでいる様な気もしますが、それだけ育ちの良いお嬢様である裏返しでもあるのかな(汗)
立夏に至っては、彼女が主人公に好意を抱いているから助かったけども、下手したら警察沙汰でしょうに(汗)

 

まぁ、そんな訳有りの女性陣と一緒に働く事になる訳ですから、当然色々な出来事が起こる訳ですねぇ。

 

ちなみに、今作のメインヒロインは「花火」となっています。
なので、彼女を中心とした展開になっている訳ですが、やはりそこで大きいのは、かつての告白云々な所ですね。

 

特に結果的に主人公の告白を断った様な形になってしまってた訳で、花火としてはその事がかなり強く心に残っており、今も苦しんでいるのが印象的ですね。
そこに立夏の存在も絡み、物語が展開していきます。

 

残念ながら、その他のヒロインは出番はありますけども、バイト中の日常風景の中で出てくるくらいですかね。

 

 

Hシーン

Hシーンは、主に花火との行為が描かれています。

 

他にも、回想シーン的なもので立夏との行為などがありますけども、1シーン程度のものですね。
もう少し見たかったなぁ。

 

行為的には、主にフェラや自慰、パイズリなどがあります。

 

実際には、まともに描写がある行為はフェラくらいなんですが、その分しっかり描けている方ですかね。
途中からは、半ばイラマチオの様にちょっと強引に花火の口内を蹂躙…、ってこんなニュアンスだとハードっぽいか(汗)
ちょっと主人公がグイグイと口内を往復させるってくらいですけどね。
 

 

花火は初体験となるために、挿入時に破瓜の出血描写があります。

 

 

 

初体験後は、もう自室?や職場、屋外などでやりまくりとなっております(汗)
まぁ、そうは言っても実質ダイジェストというか、短いシーンの連続なので、個々のシーンをできればもっとじっくり見たかったのはありますねぇ。
せっかくのパイズリなどが勿体ない…(汗)
  

 

職場である「A・LO・HA」の制服も随分露出の多いものになっており、コスチューム要素もありますね。
個人的に、こういう感じのコスチュームは結構好きなので、その格好での行為は良かったですね♪

 

絵柄

どのヒロインも胸の大きさなどは個人差がありますけども、全員可愛らしいですね♪
色気よりも、可愛らしさの強い絵柄ですが、作風にあっていると思いますね。

 

柔らかそうな胸なども見所ですね。

 

全体的に、クオリティーも高く、見てて動きのぎこちなさみたいな違和感は感じないと思います。
まぁ、そんな作品そうあっては困るんですが(汗)

 

総評

全体的には、クオリティーも高いので、普通に見て楽しめましたね。

 

この作品の前に、短い収録時間の作品を見てたのもあって、やはり30分フルで使えるってのは大きいんだなと痛感させられましたね(汗)
まぁ、レビュー書く分には短い方が楽ではあるんですが、あんまり書き過ぎると全部書いてしまいかねないんですけども(汗)

 

その分、今作では日常風景でのヒロインたちの会話のやり取りなどを丁寧に描いているので、感情移入をしやすい作りになっています。
もう少しHシーンがあっても良いかなとは思いましたが、難しい所ですね、その辺は。

 

終盤の連続する短いHシーンではなく、もう1回くらいじっくり見せる行為でも良かったんではないかなとは思いましたが…。

 

声優陣も原作版のと同じ方たちが声を担当されている様なので、違和感はないと思います。

 

既に続編の「トロピカルKISS~ビチョ濡れダイエット!?武士は食わなきゃ後の祭編~ 限定版 [DVD]」も発売が決まっているので、そちらにも期待ですね。

 

次はサブタイトルから見るに、祭がメインヒロインなのかな?
その場合、今作の花火との関係を主人公は維持したまま始まるのか、それともまだ花火との関係ができていない頃から新しく進むのかが気になる所ですね。

 

トロピカルKISS キュンっとなった花火はキレイでしょ?編 無料サンプル動画

 

DMM アニメ版ダウンロードはこちらからどうぞ
トロピカルKISS◆ 〜キュンっ◆となった花火はキレイでしょ?編〜

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
トロピカルKISS〜キュンっとなった花火はキレイでしょ?編〜

トロピカルKISS キュンっとなった花火はキレイでしょ?編 関連商品

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
トロピカルKISS【萌えゲーアワード2010 ニューブランド賞金賞受賞】

トロピカルKISS キュンっとなった花火はキレイでしょ?編 スタッフ/キャスト

【スタッフ】
原作:『トロピカルKISS』(Twinkle)/企画:盛こかん/プロデューサー:TYNetwork/監督:股野龍三/演出:白濁王子/脚本:木室隆/キャラクターデザイン・作画監督:citizen08/製作:Collaboration Works

 

【キャスト】
日向花火:桃井いちご/氷室立夏:風音/葵祭:みる/水無月泉:倉田まりや/早乙女凪:七ヶ瀬輪/片陰風鈴:かわしまりの/涼風蛍:葉村夏緒

ページランキング