フルエルクチビル FUZZY LIPS 1 レビュー

同名コミックが原作のアニメ化作品です。

 

あらすじ

問題児の「紺」と、その担任の教師「黒沢先生」のふたりは、いつの頃か、肉体関係を持つ事になってしまい…という展開ですね。

 

登場ヒロイン

登場するヒロインは…
片倉紺」がいます。

 

紺は、殆ど学校に通っていない素行不良な女子生徒です。
素直じゃない性格をしており、黒沢先生に対しても中々本心を言えずについ可愛げのない言葉を言ってしまう所があります。

 

ストーリー展開

展開的には、紺と黒沢先生がいつの間にか、肉体関係を持ってしまったって話ですね、ザックリ言うと(汗)

 

元々、問題児であって紺とそれを指導する黒沢先生。
いつの間にか黒沢先生の家に入り浸る様になる紺。

 

そこから、いつしか身体の関係を持つに至ってしまった訳ですね。
そして、恋愛関係へとなっていくふたりの姿を描いているんですが、何ともこのふたりが不器用と言うか(汗)

 

お互い、あまり素直になれないタイプなんですよね、紺も黒沢先生も。
なので、一度こじれると中々大変(汗)

 

黒沢先生も、年齢は分かりませんけども結構若い先生に見えるので、あんまり先生らしくない印象がありましたね。
近所のお兄ちゃんとでもいうか。
紺の態度に思わずカッとなったり、困惑させられたりと(汗)

 

そんなふたりが話が進む中で、少しづつですがお互いに素直になっていく様は見所のひとつですね。
傍から見たら、バカップルがイチャついている様なものですな♪

 

Hシーン

Hシーンでは、紺の行為が描かれています。

 

行為では、フェラや手コキなどがありましたね。

 

やはり紺のキャラクターが魅力的ですね。
いかにもなツンデレ系なヒロインなので、ニヤニヤできちゃいますね♪

…ツンデレなのは、黒沢先生もかな(汗)

 

黒沢先生は、アナル弄られるのが好きらしいので、紺のアナル舐めに身悶える場面も(汗)
意外だったのは、アナルしかも男のなのに、舐める際モザイクが入った所ですかね。
そのせいで良く分かりませんね、アップだと(汗)

紺の熱の入ったアナル舐めしながらの手コキで先生、我慢できずに大量発射です♪

 

射精させて、この紺のしてやったりな顔です(汗)

終盤は、夕日の観覧車の中でのロマンチックな行為になるんですが、個人的にはムードは悪くないんですけども、興奮と言う面ではやや落ち着いた所がありましたね。前半部の方が、ムードはさほどなかったものの、純粋な興奮度は幾分こちらがあったかなと。

 

夕日の中で、素直になっている紺の姿は愛らしくて、魅力的なんですけどね、綺麗過ぎるかなぁ。

紺のツンに関しては、絵柄の可愛らしさもあってか、あまりツンツンしてても棘は感じませんでしたね。
それでもデレ時の紺の可愛らしさは十分感じましたけども、よりギャップが感じられるようにもっとツンが強くても良かったかもしれませんね。

 

絵柄

私は、原作版であるコミックを読んでいないので、純粋に比較しにくい所ですが、雰囲気は似せようとしているのではないかなとは思いますね。

 

中々可愛らしい絵柄で、よりツンデレの際の魅力を引き出しているのではないでしょうか。
特に彼女の瞳の描写ですね、印象的なのは。
あのちょっと気の強そうな勝ち気さが感じられる眼差しは良い感じですねぇ♪

 

総評

全体的には、一応生徒と教師という禁じられた関係でもあるふたりなんですけども、そんなにシリアスで重いって訳ではないので、ライトな印象ですね。
むしろ、コミカルさも所々であったりなど、明るい印象の作品ですね。
生々しさが皆無なので、そこら辺を期待するとガッカリするかなと思います。

 

正直、こういう経緯で付き合って、ラブラブってだけな話になっているので、話としてのインパクトは薄いですね。
まぁ、原作版を読んでいないので、読んでいるとまたアニメ版を見て、違った印象もあるんでしょうけどね。

 

今後、付き合いたての頃のふたりを描いた「フルエルクチビル FUZZY LIPS 0(ゼロ) PashminaA [DVD]」も発売するらしいですね。

 

…個人的には、この先が気になるのに、過去話なんですね(汗)

 

DMM 動画ダウンロードはこちらからどうぞ
フルエルクチビル FUZZY LIPS 1(ファースト)

 

Gyutto.com ダウンロード版はこちらからどうぞ
フルエルクチビルfuzzylips1(ファースト)

フルエルクチビル 関連商品

原作コミックス

フルエルクチビル スタッフ/キャスト

原作:犬/一水社『フルエルクチビル』より
監督・演出:太多秀太/絵コンテ:巴里/脚本:佐和山進一郎
キャラクターデザイン・作画監督:山本佐和子/音響監督:三枝千秋
音楽:金山登/アニメーション制作:スタジオ1st

 

片倉 紺:鈴音華月
黒沢先生:夏村伊介

ページランキング